トラブルに合わせて水道修理の方法を選択する

トイレでトラブルが発生した際はすぐに修理を実施しましょう

トイレの詰まりは自分で直す?それとも業者?

洋式トイレ

トイレで詰まりなどのトラブルが発生した場合、自分で修理を行なうか業者に対応を任せるかどうかで悩むことが多くあります。まずは発生したトラブルの状態をよく確認してみて、どちらの方法で修理を行なうのが最適なのかを考えてみましょう。

自分で直すには状況による

トイレの詰まりを自分で直すには条件があります(水道修理スタッフ)

個人で解決できるトイレトラブルは、トイレに紙類を流したことで発生したトラブルのみになります。紙類が原因で発生したトイレ詰まりは、スッポンで圧をかけて押し流すことが可能です。ただしトイレットペーパーの芯は例外になります。水が全く流れない場合は、薬品を使用して中に詰まった紙類を溶かし、スッポンで押し流してしまいましょう。

すぐに問題を解決したいなら水道修理業者へ

水道修理を取り扱っている業者はいろいろなトラブルに対応することが可能なため、迅速にトイレトラブルを解決することが可能です。経験豊富なスタッフが施工を行なうので、工事が完了した後にトラブルが再発することもありません。最近では出張料や見積もり料が発生しない業者も多数登場しており、修理費用を安く抑えることもできます。

水道修理業者に依頼したらいくらくらいの相場?

トイレの詰まりにかかる費用相場はいくらですか?
トイレ詰まりの修理を専門業者に依頼する際の費用は、施工内容によって変動することが多いです。簡単な施工ならば一万円前後の金額でトイレを直すことができますが、便器を取り外す場合は2万円から3万円程の費用が発生してしまいます。また施工を依頼する際は信頼できる業者を選び、トラブルが発生しないように対処することも大切です。

業者に修理を依頼しておけばトイレトラブルはすぐに解決することができますが、修理費用が発生するので注意しましょう。

トイレが詰まってしまった原因について調査

住宅で発生するトイレ詰まりは、トイレで実施した行動が原因で発生します。そのためトラブルが発生した際は原因を特定し、適切な対処を実施しなければなりません。まずはトイレ詰まりが発生してしまう主な原因を確認してみましょう。

トイレの詰まり原因

ペーパーを大量に流した
トイレの通水テストを行なう際はトイレットペーパーをゴルフボール大に丸め、7つ程を一気に洗い流します。トイレを使用した際にこの数よりも多くトイレットペーパーを流してしまうと、便器に異常が発生している可能性が高いです。
ペーパー以外のものを流した
ティッシュペーパーはトイレットペーパーと作りが異なるため、濡れても紙が溶けてしまうことはありません。そのためトイレにティッシュペーパーなどを流してしまうと、紙が溶けずに残ってしまい排水管や便器に詰まってしまいます。
異物を流した
トイレを使用した際に間違えてトイレ内に異物を流してしまうと、排水管に詰まりが発生する可能性が高いです。芳香剤のふたや携帯電話などをトイレ内に流してしまった場合は、業者の方にトイレ修理を依頼しましょう。

基本的にトイレはトイレットペーパー以外を流すと詰まってしまうので、トイレを使用する際は異物やティッシュペーパーを持ち込まないようにしましょう。万が一トイレ内にこういったものを落としてしまった場合は、すぐに取り除くのが得策です。

TOPボタン