初めての方でもできる水道修理の方法を紹介

トイレでトラブルが発生した際はすぐに修理を実施しましょう

トイレの詰まりを自分で直す

トイレで発生したトラブルは、水道修理を取り扱っている業者に直してもらうことが多いです。しかし発生したのが簡単なトイレトラブルならば、個人で直すことができます。ここでは素人でも実践できるトイレの直し方をお教えします。

床に新聞を敷いて置く

まずは修理作業を行なう前に床一面を新聞紙で覆い、床がトイレの水で汚れないようにしましょう。こうしておけば作業中に水がこぼれてしまっても、床に置いた新聞紙が水を吸収してくれます。またこの時水を流してしまうとトイレ内の水量が増えてしまうので、新聞紙を敷いた後はトイレの水を流さないようにするのが最適です。

水位が低くなるのを待つ

トイレの中に溜まっている水の量が多いと、ラバーカップを動かす際に水が便器から飛び散ったり溢れたりする可能性が高いです。作業を行なう際は水の量が半分くらいまで減るのを待ち、作業中に汚れなどが発生しないように注意しましょう。水の中にある紙を火はさみなどで取り除いておくと、詰まりの悪化を防ぐことができます。

ラバーカップを使用する

水が少なくなった後はラバーカップを便器の穴に当て、ゆっくりとカップを押していきます。押せなくなった場合は水を引き寄せるようにカップを戻し、詰まりが直るまでこの作業を繰り返しましょう。作業を行なう際はカップが便器から離れないように注意して作業を行ない、早いスピードでカップを動かさないようにすることが大切です。

自分で直す前にしておくこと

トイレの詰まりを修理する場合は最初に止水栓を閉めておき、トラブルが悪化しないように対処しておきましょう。ウォシュレットタイプの場合はセンサーの電源を切っておき、作業中に水が流れないようにするのが最も有効です。

TOPボタン