水道修理の成功例と失敗例をチェックしてみよう

トイレでトラブルが発生した際はすぐに修理を実施しましょう

水道修理業者に任せるよりも自分で直す方が比較的に安い

自分でトイレ修理を行なえばトイレの修理にかかる費用を安くすることができます。しかし場合によっては修理に失敗することもあるため、施工を行なう際は注意が必要です。ここでは修理に施工した例と失敗した例を紹介します。

自分で直した人の体験談

詰まりが解消されました(30代/女性)

子供がトイレに大量のティッシュペーパーを流してしまい、トイレから大量の水が溢れてしまいました。ネットで情報検索を行なったところ、トイレの修理方法が詳しく説明されていたので試しに実施してみることにしました。説明に沿って数回作業を行なっただけで詰まりが解消されたので、今後も活用していきたいと思っています。

成功例も多いが失敗するリスクもある

水道修理代をケチらなければよかった(20代/女性)

トイレの中に詰まった生ごみを取り除こうと思い、近くで購入してきたラバーカップを使用してみました。しかし作業を実施しても一向にトラブルが改善されず、トイレ内が水浸しになってしまいました。最終的に業者へ修理を依頼したのですが、修理に多額の資金を消費してしまったので今はトイレ修理を行なったことを後悔しています。

これは自分で直すより業者に頼んだ方が良いもの

トイレの水漏れ

トイレの水が上がってスーッと引く場合は、中に異物を流したことで詰まりが発生している可能性が高いです。この場合は便器を外して異物を取り除く必要があるため、業者の方に修理を依頼するのが最適です。またオムツやタオルをトイレに流してしまうと、水が全く流れなくなることが多いです。この状態でラバーカップを使用するとトラブルが悪化して修理に多くの費用と時間がかかってしまうので、自分でトイレ修理を行なうことは厳禁です。

TOPボタン